エケチェンとは。SNSでよく見かけるエケチェンの意味、発祥について解説。

目次

エケチェンの意味

SNSなどでよく見かける「エケチェン」とは、赤ちゃんのことです。

赤ちゃん、あかちゃん、あかちゃん、あけちゃん、えけちぇん、、、、と発音が変化したのです。

エケチェンの元ネタ

ロックバンドのポルカドットスティングレイの雫さんがライブMCなどでよく使っていたことを発端に、ファンの間で広がり、SNSの育児アカウント界隈に広がったとみられています。

エケチェンの使用例

ツイッターでは、半角カタカナでの表現がよくみられます。

また、どちらかといえば赤ちゃんに対して好意的な意味で用いられます。

例:はぁ、、、エケチェン尊い…

類語として、エンペンメン(アンパンマン)、ジェメェジスン(ジャムおじさん)、ベレクスゥン(バタコさん)などがあります。

目次